2014年02月12日

郡上本染寒ざらし・その弐

2月2日(日)撮影,郡上本染鯉のぼりの寒ざらしシリーズ,第2回です。

寒ざらしの準備が整い,清流吉田川を鯉のぼりが泳いでいます。

#1
kanzarashi3863.jpg

#2
kanzarashi3864.jpg


まずは,子どもの部から。
流れが弱い浅瀬で,地元の小学校の体験学習が行われました。

#3
kanzarashi3865.jpg

#4
kanzarashi3866.jpg

#5
kanzarashi3867.jpg


そして大人の部が始まります。

#6
kanzarashi3868.jpg
SONY Vario-Sonnar T* DT 16-80mm F3.5-4.5 ZA

次回に続きます。


posted by MJK at 22:20| Comment(5) | TrackBack(0) | イベント | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おはようございます♪
澄み切った川の中で泳ぐ鯉のぼりたちは、、
本当に圧巻でしょうね^^
子供さん達にも体験学習があるなんて。。。
羨ましいです♪
御苦労はあるでしょうが、、
伝統的な教えや技術を後世にも伝えて頂きたいですね♪
いつまでもいつまでも大切に残して欲しい。。。そう願うばかりです。。
ラストのお写真、モノクロだからこその雰囲気が伝わってきて惹かれています☆
Posted by rumi-ta at 2014年02月13日 09:02
寒ざらし、寒いこの時期の水が、綺麗なのかもしれませんね。
雨の中、お疲れでした。
Posted by 純 at 2014年02月13日 19:39

rumiさん,純さん,こんばんは

■■rumi-taさん■■
今回もうれしいコメントをありがとうございました。
>伝統的な教えや技術を後世にも伝えて頂きたいですね♪
>いつまでもいつまでも大切に残して欲しい。。。そう願うばかりです。。
同感です。子どもたちには故郷に誇りを持ち,生きていってほしいです。
ラストのモノクロ写真に目を留めていただき,感謝です♪

■■純さん■■
冬の冷たい水だからこそ,郡上本染めの鮮やかな色が出てくるんでしょうね。
最近は鯉のぼり自体,見かけることが少なくなりつつありますが,
ナイロン製ではなく郡上本染めの鯉のぼりは貴重だと思います。
>雨の中、お疲れでした。
疲れよりも楽しさの方が大きかったです。(^o^)
Posted by MJK at 2014年02月13日 21:56
こんばんは★

これは小さい鯉のぼりのようですが、用途は難でしょうか?
近所には紙漉きを行う地域がありますが、こういった作業は冬の冷水の方が適しているのかなぁ‥。
Posted by M.Hermitaged at 2014年02月15日 22:17

■■M.Hermitageさん■■
こんにちは
コメントありがとうございます。
>これは小さい鯉のぼりのようですが、用途は難でしょうか?
ベランダ用鯉のぼりでしょうか?(笑)
この寒ざらしイベントを行っている渡辺染物店のHPによると,
「糊を洗い落としながら冷たい川の水に晒す事により、
生地をひき締め、鮮やかな色彩を実現」するとのことです。
Posted by MJK at 2014年02月16日 13:55
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。