2012年11月03日

五箇山の秋・相倉集落編U

五箇山相倉集落の後編です。
前回がオール・コスモスセットでしたので,今回はノン・コスモスセットの8点でいきます。^^

#1
gokayama2676.jpg


#2
gokayama2677.jpg

#3
gokayama2678.jpg

#4
gokayama2679.jpg

#5
gokayama2680.jpg

#6
gokayama2681.jpg

#7
gokayama2682.jpg

#8
gokayama2683.jpg
SONY Vario-Sonnar T* DT 16-80mm F3.5-4.5 ZA

相倉に合掌集落の原風景を感じる理由の一つが,未舗装の道にあると思います。
集落のメイン道路は4枚目のように舗装されていますが,
少し外れると8枚目のような道が所々に残されていて,雰囲気抜群なんです。
この風景がいつまでも維持されてほしいと心から願います。

ここまででシリーズ終了のつもりでしたが,シリーズ初回がプロローグでしたから,
次回,エピローグとしておまけの回をUPします。あと1回だけお付き合いください。(^o^)


posted by MJK at 19:10| Comment(12) | TrackBack(0) | 合掌造り | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今回は4、5枚目に惹かれておりますよん。
4枚目は現地の日常を活写しましたね〜。
5枚目はシルエットの木立ち越しの合掌集落、
フレーミングが楽しいですね。
Posted by 純 at 2012年11月03日 19:20
やっぱりこの建物には砂利道が似合いますよね。
のどかな感じがして日本昔話の童話に
入り込んだようです。
Posted by ララ at 2012年11月03日 21:27
こんばんは。
2〜4枚目の流れが好きです。
2枚目は広がりある構図と爽やかさを感じます。
そして生活観ある4枚目はスーパーびびびです^^
麦藁帽子がまたなんとも良いですね。
撮影地の素晴らしさが伝わります。
Posted by condor at 2012年11月03日 21:52
おはようございます。
この合掌造りの集落、たっぷりといろんな角度から楽しませていただきました。
まだまだ、遠慮せずに、どんどん見せてくださいね。
今回は、いずれも趣向を凝らした構図が満載ですね。
1,2,7枚目はススキを入れたショット、特に7枚目は、合掌造りの大きさが際立つ一枚ですね(^^)
2,4,8枚目は、道を意識したショットですね。
最後の8枚目、MJKさんのお好みのカットだと思いますが、私も好きなカットです。
なだらかに合掌造りの家に続いていく雰囲気が素敵です。

Posted by tazu at 2012年11月04日 07:55
こんにちは。
今回は3、5、7枚目に惹かれました。
3枚目は落ち着いたフレーミングが素敵ですね、
家の前には花が咲いていて、生活を感じます。
5枚目は木立を前面に配したフレーミング、
コントラストがあって、印象的ですね。
7枚目は全画面のフレーミングがいいですね、
障子や簾、暖簾など古民家ならではの趣がありますね。
Posted by tusima-kaji at 2012年11月04日 11:42

純さん,ララさん,condorさん,tazuさん,kajiさん,こんにちは

■■純さん■■
4,5枚目についてありがとうございます。
4枚目は,おばあさんが主役,洗濯物が脇役で活躍してもらいました。
5枚目は,神社の敷地内から茅葺き家屋を狙ってみました。
切り取りのアイディアがいろいろ浮かぶのは,
びびびな相倉集落のおかげですね〜(^^)

■■ララさん■■
>のどかな感じがして日本昔話の童話に入り込んだようです。
相倉集落は,まさに日本昔話の世界ですね。
8枚目は,山作業を終えて村へ帰る道みたいなイメージでしょうか。
ただ,集落の方々は当然車も使うわけですから,
集落内全部砂利道とはいきませんよね。(^^)

■■condorさん■■
2,3,4枚目についてありがとうございます。
とくに,4枚目のスーパーびびびに大感謝です♪
遠くに観光客が数人写っているのですが,
実は,彼らが見えなってからもう一枚撮ろうと思っていました。
そしたら,それより先におばあさんが家の中に入ってしまいました。(笑)

■■tazuさん■■
合掌集落のたたずまいを楽しんでもらえたようで光栄です。
今回は,1,2,4,7,8とたくさんのコメントをありがとうございました。
7枚目は部分切り取り,8枚目は全体俯瞰みたいな写真になりました。
対照的な2枚を選んでもらえてうれしかったです。
相倉集落の魅力に,撮っている本人がびびび状態でした。(笑)

■■tusima-kajiさん■■
3,5,7についてありがとうございます。
それぞれ撮影意図お見通しのコメントをいただき,感謝です。
ここはどこにカメラを向けても絵になる集落ですから,
本当に楽しく撮影することができました。
平日のため,観光客が写真に入り込むことがほとんどないのが良かったです。
Posted by MJK at 2012年11月04日 13:10
こんばんは。
1枚目のススキとのコラボいいですね。
心安らぐ風景です。
4枚目の生活感の感じられる風景も好きです。
いろんなフレーミングが楽しめるロケーションですね。
Posted by lucky562 at 2012年11月04日 18:23
こんにちは。
1、4、8枚目に心惹かれましたあ!
1枚目はススキをポイントに落ち着いた構図が、
4枚目はお仕事中の麦藁帽子のおばちゃんがさりげなく、
8枚目はなだらかな小道がデジャブを、、、

ここも行ってみたいリストに登録されました!(笑)
Posted by sabunikon at 2012年11月05日 14:17
こんにちは
今回は1枚目と7枚目が自分は好きです。
1枚目は手前のススキが目を引いて 山の尾根が奥に向かって下がって行くのに沿うように茅葺き屋根が下がっていく感じが好いですね

7枚目は空を逆に入れない茅葺き屋根が好いです、その大きさが手前のススキを目立てさせないようで 垂れ下がってる簾?も好い雰囲気です。
Posted by sirokabu2011 at 2012年11月05日 14:29

luckyさん,sabunikonさん,sirokabuさん,こんばんは

■■lucky562さん■■
1枚目と4枚目へのうれしいコメントをありがとうございます。
1枚目の風景は,いつまでも眺めていたい気持ちになりました。
4枚目は,いつまでも眺めているとおばあさんがどこかに行ってしまうので,
シャッタータイミングを逃さないように急いで撮りました。(笑)

■■sabunikonさん■■
1,4,8と気に入ってもらえてうれしいです。(^o^)
>ここも行ってみたいリストに登録されました!(笑)
世界遺産登録に続いて,sabunikonさんの行ってみたい登録完了ですね。(笑)
白川郷から高速を使えば30分かかりませんから,
岐阜のベースキャンプからアタック可能ですよ!

■■sirokabu2011さん■■
1枚目と7枚目へのうれしいコメントをありがとうございます。
特に1枚目へのコメントは,撮影者本人は意識していなかった内容でした。
山の稜線と茅葺き屋根の傾きの一致には,なるほどと思いました。^^
私の写真に,新しい視点と解釈をいただき,感謝です。
Posted by MJK at 2012年11月05日 20:50
福島には大内宿や舘岩の曲がり家などの藁葺きの集落があります。
前者は完全に観光化されてしまい、舗装などにはなってませんが、昔の長閑な雰囲気は無くなってしまいました。

個人的にはコンビにもないような辺鄙な場所や滝が好きなので、山間を歩くことが多いですが、もしかすると本当の自然とは色々な意味で人を受け入れないものかも知れません。
Posted by M.Hermitage at 2012年11月05日 21:14

■■M.Hermitageさん■■
福島にも,茅葺き集落があるんですね。
こういう景観を維持していくのは,実際,たいへんなことだと思います。
五箇山は白川郷は世界遺産に登録されているため,建築条件なども厳しいそうです。
>本当の自然とは色々な意味で人を受け入れないものかも知れません。
人がそこに入れば,何らかの形で自然に手を加えないわけにいきませんからね。
Posted by MJK at 2012年11月06日 19:14
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。